勃たなくなってしまった、EDの悩みは意外と深刻な問題です。これが新婚の夫婦間の問題なら最悪の場合、離婚にもつながります。妻の不満は言葉にしないだけで徐々に溜まってきているかもしれません。問題が深刻化する前に、ここで食い止めるならバイアグラなどED治療薬についてしっかり勉強しておきましょう。

【目次】

レビトラにはどんな副作用がある?

レビトラの副作用にはめまいや頭痛、ほてり、鼻詰まり、消化不良などがあります。
めまいは血管が拡張されて血圧が低下することで生じます。
レビトラを服用すると血流が促進されるので頭部や鼻の粘膜、消化管などが充血し、頭痛やほてり、鼻詰まり、消化不良などが起こります。
レビトラは年齢に関係なく服用することが可能ですが、服用者の9割以上に軽度の副作用が現れます。

めまいや頭痛などの副作用は基本的に軽度なので問題はありません。
レビトラは即効性のある勃起不全の治療薬なので、副作用が出やすいという特徴があります。
空腹時に服用すればおよそ20分ほどで効果が現れます。
副作用も服用者の9割以上に現れますが、数時間経過すれば回復するのが通常です。
数時間経過しても回復しない場合には医師の診断を受けます。

レビトラを服用できる年齢には制限がありません。未成年者でも服用することは可能です。
ただし高齢者などで脳や心臓、肝臓、腎臓などに障害がある場合には注意が必要となります。
レビトラは血圧と深い関係があり、脳などに障害がある場合には服用できません。
脳梗塞や心筋梗塞などの既往歴がある場合には医師に相談します。

めまいや頭痛などレビトラの副作用は基本的に軽度なので問題はありませんが、グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品は避ける必要があります。
フラノクマリン酸は薬物代謝酵素の働きを阻害します。
そのためグレープフルーツなどの食品を一緒に摂取すると、レビトラの吸収率が高まり副作用が強くなります。
レビトラの副作用は基本的に軽度ですが、フラノクマリン酸を含む食品は副作用を重くするので食後24時間は間隔を空けます。

グレープフルーツやザボン、スウィーティなどにはフラノクマリン酸が含まれていますが、柑橘類でもレモンやバレンシアオレンジ、カボスにはあまり含まれていません。
レビトラを服用する場合にはグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品以外にも、硝酸剤などの薬との飲み合わせに注意が必要です。

レビトラの副作用を出さないために気をつけること

レビトラの副作用を出さないためには、なるべく用量を減らすことが重要です。
服用者の9割以上に軽度の副作用が現れるのが通常ですが、用量を減らせばさらに副作用を弱めることができます。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
20mgは最も強い効果を期待できますが、副作用も強くなります。
5mgは効果が弱いため、病院でもあまり扱われていません。一般的には10mgか20mgが使用されています。

レビトラの錠剤が大きい場合には、ピルカッターで割って適切な用量を服用します。
副作用の現れ方には個人差があるので、最初は10mgから試すのが合理的です。
副作用を減らすためには、用量だけでなく他の薬との飲み合わせにも注意が必要となります。

レビトラには飲み合わせることができない薬が存在します。
硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を服用すると、過度に血圧を下げる可能性があります。
特に慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は、症候性低血圧を引き起こします。
HIVの治療に使用される抗ウイルス薬や水虫などの治療に使用される内服タイプの抗真菌薬は、レビトラの血中濃度を高めます。
血中濃度が高まることで副作用も強くなります。抗不整脈薬は、レビトラと飲み合わせると心臓に異常をきたす可能性が存在します。

レビトラの副作用を出さないためには、まず用量を少なくすることが重要です。
またグレープフルーツのようにフラノクマリン酸を含む食品は、副作用を強めるので避けます。
さらに硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬、抗ウイルス薬、内服タイプの抗真菌薬、抗不整脈薬との飲み合わせに注意が必要です。
健康状態や他の薬との飲み合わせに不安がある場合には、医師の相談を受けることが重要となります。

関連記事