勃たなくなってしまった、EDの悩みは意外と深刻な問題です。これが新婚の夫婦間の問題なら最悪の場合、離婚にもつながります。妻の不満は言葉にしないだけで徐々に溜まってきているかもしれません。問題が深刻化する前に、ここで食い止めるならバイアグラなどED治療薬についてしっかり勉強しておきましょう。

【目次】

不感症女性に効く女性用バイアグラ「ラブグラ」の効果

不感症で悩んでいる女性はEDの男性患者よりも多いと考えられており、アメリカでは3人に1人がこの問題を抱えていると言われています。
その大きな要因は過剰なストレスや過去のトラウマ、加齢などによって女性ホルモンであるエストロゲンの減少してしまうことです。

エストロゲンが分泌されると、女性の心や体に様々な影響を与えますが、とりわけ性的な刺激に対しては敏感に反応して膣分泌液を発しますから、男性器をスムーズに受け入れることができます。
したがって不感症はこの膣分泌液が不足することによって、性交痛や膣乾燥症、性興奮障害などを引き起こしてしまうのです。

男性の性機能障害は、EDなど目に見える形で発症することから、早くからその治療薬の開発が進んでいました。
しかし、女性の不感症についてはその症状が判別しにくく、また、女性は性の悩みを打ち明けられないことが多いため、治療薬の開発は遅れていました。
2015年になってようやくアメリカで女性用バイアグラが認可され、日本でも個人輸入代行業者から入手することが可能となりました。
しかしながら、その歴史は浅く女性用バイアグラに対する誤った理解があるのも事実です。

女性用バイアグラの代表格といえばラブグラです。
その主成分は男性用と同じくシルデナフィルであり、1錠あたり100mgのピンクの錠剤になります。
食後2時間程度経過した後の空腹時に服用することで、服用から1時間経過したあたりで効果のピークを迎え、その後3~5時間程度持続します。

服用すると体が内面からほてるような感覚や鼻づまりなどを実感しますが、性的な興奮状態となるわけではありません。
あくまでも女性用バイアグラは、シルデナフィルの効果でエストロゲンの分泌を阻害するPDE-5と呼ばれる酵素の分泌を抑制して、女性器付近の血管を拡張して血流を促すものであり、決して媚薬ではありません。

女性用バイアグラを服用した多くの女性はその効果を実感しているようです。
口コミサイトなどには、膣内に潤いを取り戻したことによって、パートナーをスムーズに受け入れることができるようになり、オーガズムが実感しにくい体質が改善されたといった報告が多数上がっています。
また、性交渉がスムーズになったことで、パートナーとの関係が良くなったという報告も数多くあり、女性用バイアグラは不感症の改善とともに男女のコミュニケーションにも大きな役割を果たしています。

女性用バイアグラ「ラブグラ」の副作用とは

女性用バイアグラが発表されて、日本でも服用する女性が年々増加していますが、その反面、副作用に不安を覚えている女性も少なくありません。
ラブグラに代表される女性用バイアグラは効果が高い不感症治療薬ですが、副作用がある薬であることも事実です。
しかしながら、副作用の内容をしっかりと把握し、定められた服用方法を厳守しておけば、そのリスクは最小限に抑えることができます。

一般的にラブグラを服用すると、体にほてりを感じ、鼻づまりや胃もたれ、頭痛など二日酔いに似た症状を引き起こすことがあります。
こうした症状は、副作用というよりもラブグラの効果であり、服用後4~6時間でその症状は治ります。
とりわけ、頭痛などはロキソプロフェンなどが配合された市販の頭痛薬で回復しますので慌てる必要はありません。
ただし、妊娠や授乳中の方や生理中の場合、過剰にシルデナフィルの反応が出てしまうことがありますので、ラブグラの服用は厳禁です。

また、ラブグラは食事などによってその効果が左右されますが、アルコールは血液の流れを促進する効果がありますから、お酒に弱い方は飲酒を避けておいた方が無難です。
また、中華料理や焼肉といった脂分の多い食事はラブグラの消化を鈍らせてしまいますから、服用する時間を遅らせるなどの対応が必要です。
意外なところではグレープフルーツが良い注意です。
これには薬物代謝効果を阻害するフラノクマリンが多く含まれていることから副作用が強く出てしまう可能性が高いのです。

女性用バイアグラの服用による副作用で深刻なものが狭心症です。
シルデナフィルには血流を促進する効果がある反面、血圧を下げてしまう効果もあります。
急激に血圧が下がってしまうと、心臓に送る血液の量が不足してしまい心臓に痛みを感じたり、狭心症を引き起こしたりしてしまいます。
したがって、高血圧や低血圧の持病を持っている方、脳梗塞や心筋梗塞といった心臓病や腎不全を治療している方は服用する前に医師の診断を受けることが重要です。

とりわけ、心臓病の治療などに使用されるニトログリセリンなどの硝酸剤や不整脈に使用されるアンカロン錠は、ラブグラの併用禁忌薬品であり死に至るケースもありますので、絶対に併用してはなりません。

関連記事