勃たなくなってしまった、EDの悩みは意外と深刻な問題です。これが新婚の夫婦間の問題なら最悪の場合、離婚にもつながります。妻の不満は言葉にしないだけで徐々に溜まってきているかもしれません。問題が深刻化する前に、ここで食い止めるならバイアグラなどED治療薬についてしっかり勉強しておきましょう。

【目次】

勃起継続効果がある勃起薬のジェネリックも色々!

日本で承認されている勃起薬にはバイアグラとレビトラ、シアリスの3種類があります。
バイアグラとレビトラ、シアリスはそれぞれ有効成分や効果の現れ方に違いがありますが、勃起持続の効果がある点では共通しています。
正規に製造されているものの他にも、ジェネリック医薬品が多数存在します。
ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しており、安価に勃起持続を図ることができます。

勃起薬のジェネリック医薬品はバイアグラとレビトラ、シアリスの3系統が存在します。
バイアグラのジェネリック医薬品はバイアグラ・ジェネリックやスーパーバイスマ、エンスージア、ラブスマ、スーパーフィルデナ、ゼネグラ、ビゴラ、シラグラ、センフォース、バイアグラODフィルムなど様々な種類があります。
特にバイアグラODフィルムは水を使用せずに服用できます。
シート1枚を舌の上で溶かすだけで有効成分が体内に吸収されます。

バイアグラは食事の影響を受けて効果が半減するので空腹時に服用するのが基本ですが、バイアグラODフィルムは食事の影響を受けづらいという特徴があります。
また効果は錠剤タイプと同様です。
日本国内では25mgと50mgのバイアグラが販売されていますが、個人輸入代行サイトを利用すれば100mgの正規品やジェネリック医薬品を購入することもできます。

レビトラにも様々なジェネリック医薬品が存在します。
レビトラ・ジェネリックの他にもスーパーレビスマやサビトラマックス、バリフ、ジェビトラ、ブリトラ、シルビトラなどがあります。
シルビトラはレビトラとバイアグラの有効成分が含まれています。
レビトラの即効性とバイアグラの強い勃起持続効果を組み合わせた勃起薬です。

シアリスのジェネリック医薬品にはシアリス・ジェネリックの他にスーパーシアスマやタダシップ、タダライズ、シアリスODフィルム、ビダリスタ、タドラ、シルダリスト、メガリス、フォーゼストなどがあります。
シアリスは遅効性と長い勃起持続時間、バイアグラは即効性と強い勃起持続力が特徴ですがシルダリストには両方の成分が含まれています。

レビトラジェネリックが製造されなくなる理由

レビトラは即効性があるため人気の勃起薬です。
特にジェネリック医薬品のバリフは、安価に勃起持続を図ることができるので世界中に愛用者が存在します。
バリフはインドの製薬会社が製造し、世界中に輸出しています。
レビトラは日本の製薬会社が製造していますが、インドでは製法特許のみが認められ成分特許は認められていません。
そのためインドの製薬会社は、製法を変えたジェネリック医薬品を自由に製造できます。

日本の製薬会社がインドの裁判所にレビトラのジェネリック医薬品の製造・販売中止を求めて提訴したところ、2017年1月にバリフの製造中止が決定されました。
しかし販売は中止されなかったので、在庫品の輸出は続いています。
個人輸入代行サイトを利用すれば現在でもバリフを購入することができます。
ただしバリフは製造中止となっているため、在庫品がなくなれば販売も終了します。

レビトラには10mgと20mgの錠剤が存在します。価格は10mgが1錠あたり1500円ほどで、20mgは1800円ほどです。
ジェネリック医薬品のバリフは20mgの錠剤で、1錠あたりの価格は190円ほどとされます。
レビトラと比較しておよそ10分の1の価格で購入できます。
個人輸入代行サイトではまとめ買いをすれば価格が下がるため、1錠あたり150円ほどで購入することも可能です。
有効成分や効果はレビトラと同じで安全性も高いため人気があります。

レビトラのジェネリック医薬品の中でも、バリフは安価に勃起持続を図ることができるため人気です。
ただし製造中止となっており、在庫が尽きれば販売も終了します。
バリフの販売が終了した場合でもレビトラには様々なジェネリック医薬品が存在するので、安価に勃起持続を図ることは可能です。

関連記事