勃たなくなってしまった、EDの悩みは意外と深刻な問題です。これが新婚の夫婦間の問題なら最悪の場合、離婚にもつながります。妻の不満は言葉にしないだけで徐々に溜まってきているかもしれません。問題が深刻化する前に、ここで食い止めるならバイアグラなどED治療薬についてしっかり勉強しておきましょう。

【目次】

性行為中勃起継続が出来ない場合、その場の乗り切り方

性行為中に勃起継続が出来ない場合の乗り切り方としては、まずED治療薬を服用する方法を挙げることができます。
中折れを改善するには女性の協力も重要となります。男性は精神的に繊細な部分があるため、優しく包み込むように接することが必要です。
女性が自分自身に魅力がないのではと感じ男性を責めてしまうことがあります。
中折れを改善するには、男性を安心させることが重要です。不用意に男性を責めて、精神的なストレスを与えないようにする必要があります。

勃起継続が困難となる理由には器質性のものと機能性のもの、それらが混在したものが存在します。
また他の病気を治療するための医薬品により、中折れとなる場合もあります。
器質性の中折れは血管性、神経性、内分泌性の問題で発症する他に、外傷や手術がきっかけとなって発症します。

機能性の中折れには精神病性と心因性のものがあります。
精神病性の勃起不全は統合失調症など精神病により発症します。心因性の中折れは現実心因や深層心因によって起こります。
現実心因とは日常生活における様々なストレスのことです。深層心因とは過去のトラウマなど抑圧された感情を指します。
過去のトラウマなどは、本人が意識していないという特徴があります。

性行為中に勃起継続が出来ない症状は男性の精神状態と大きな関係があるので、なるべくリラックスすることが重要です。
性行為中に勃起継続出来ない場合でも、女性が優しく協力することが必要とされます。
中折れの効果的な乗り切り方としては、まず女性の協力により男性がリラックスできる環境を作ります。
さらにED治療薬を服用すれば、スムーズに性行為ができます。

ED治療薬は基本的に水かぬるま湯で服用しますが、適量のアルコールで服用するのも効果的です。
適量のアルコールは気分をリラックスさせるので、男性のストレスを緩和し勃起しやすくなります。
ただし過度の飲酒は酩酊により性行為を困難にするので注意が必要でしょう。

心因性による中折れは女性の協力で改善する場合も

中折れは勃起不全やEDとも呼ばれ、特に精神的な理由による中折れのことを機能性EDと呼びます。
機能性EDには精神病性EDと心因性EDがあります。
いずれも勃起機能自体は正常ですが、性行為中に勃起が出来ないもしくは不十分な状態となるのが特徴です。
精神病性EDの場合には精神医学的な治療が必要となります。

心因性EDの治療は泌尿器科やED治療専門のクリニックで、心理療法と薬物療法によって行われます。
心理療法では、現実心因に対してカウンセリングや暗示療法など非分析的アプローチを行います。
また深層心因に対しては、精神分析や交流分析など分析的アプローチが行われます。
薬物療法ではED治療薬を使用します。
ED治療薬は心因性EDだけでなく、器質性EDの治療にも有効です。

一般的に中折れを防ぐためには日頃からの運動なども重要となります。
運動は血流を促進してペニスを勃起しやすくするだけでなく、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促します。
テストステロンの減少は、勃起や射精に関係するドーパミンの分泌を減少させます。
またペニスが勃起するためには平滑筋の弛緩により海綿体に血液が流入する必要があります。
しかし男性ホルモンが減少すると平滑筋が十分に弛緩しないため、器質性EDを発症します。
運動はストレスを改善する効果もあるので、中折れを防ぐためには重要です。

男性が勃起不全となり性行為中に勃起継続が出来ない状態になった場合には、まずパートナーである女性の協力によりリラックスできる環境を作ることが必要です。
軽度の心因性EDであれば、女性の協力と精神的なリラックスにより改善することもあります。
男性が十分にリラックスできる環境を築いた上で医師の診断を受け、ED治療薬を使用するなどにより適切な治療を行なうことが大切です。

関連記事